作る楽しみと、遊びやすさを両立せた丁寧なゲーム作り

生活サイクルに組み込まれたゲーム作り

おもにウェブデザインを手掛ける Wonderland Kazakiri inc. の代表を務める誉田潔氏と、最高技術責任者の髙田巌爾氏が手掛けた『 BQM - ブロッククエスト・メーカー』が、Google Play Indie Games Festival 2018 のトップ 20 に選出された。

誉田氏
「ウェブ系の会社で働く僕たちにとって、ゲーム業界はあまり馴染みがないところ。ゲームが作れたから、作って公開してみたんですけど、自分たちの業界的な立ち位置が分からなかったんですよ。こういう賞に選ばれたということは、実は僕たち、結構いけてるんじゃないか?と思っちゃいましたね(笑)」

もともとゲームが大好きだという誉田氏は、子供の頃から簡単なゲームを作っていた。そして大人になり、仕事を通じてさまざまな技術を修得。さらに、ゲームを作りやすい環境、完成したゲームを公開するプラットフォームの発達に注目した誉田氏は、「ゲームが作りやすくなったから」という理由で、ゲーム作りを本格的にスタートさせる。

ゲーム制作は、誉田氏と髙田氏の二人三脚で行われる。就業前に 2 人で企画を話し合ったり、就業中も空いた時間を見つけてはゲーム制作を進めたりと、ゲーム作りを生活サイクルの一つとして捉えているのも面白い。そんな彼らに、ゲーム作りの魅力を聞いてみた。

誉田氏
「自分でルールを作って、子供の頃から作りたかった僕だけの世界を作れる。そこが、ゲーム作りの最も楽しいところだと思います」

ユーザーの遊びやすさを徹底的に追及

『 BQM - ブロッククエスト・メーカー』は、シリーズ 3 作目にあたる作品。シリーズ 1 作目は、ダンジョンで謎解きを楽しむだけのものだったのが、どんどんパワーアップしていき、プレイヤー自身がダンジョンを作り、他のプレイヤーに公開できるという仕組みが導入された。「パズルダンジョンを作っていくうちに、作る過程をプレイヤーの皆様にも味わってほしい」と思ったのがきっかけだったという。

誉田氏
「ダンジョン作りの機能をできるだけシンプルに。どんなユーザーでも作りやすいように、余計だと感じられる部分はとことんまで切り捨てて、分かりやすさを追求しました」

ダンジョンの中に設置できる仕掛けの種類を増やしたり、機能を複雑にすれば、より奥深いものが作れたかもしれない。しかし、あえてそうしなかったと誉田氏は語る。

誉田氏
「作ろうと思えば、いくらでも複雑なものを作れます。ですが、ユーザーに面倒さを感じさせるゲームは、誰もやろうとは思いません」

シンプルな作りにしたからこそ、数多くのダンジョンが生まれた。配信開始から 1 週間で 500 もの作品が生み出され、今では 2 万以上もの迷宮が、ユーザーの手によって作り出されている。その中には、開発した 2 人を驚かせるような発想もあったという。

例えば、扉のカギを通貨に見立てて仮想のショップを作り上げたり、巨大な数値のカウントダウンを見せる論理的な仕掛けを用意したものなど、ユニークな作品が数多く公開されている。誉田氏は「ストーリー性がある作品は出てくるだろうなと想像していましたが、正直、この発想はなかったというものもあって驚きました」と、満足そうな笑顔を見せた。

飽くまでもチャレンジを続ける姿勢

そんな『 BQM - ブロッククエスト・メーカー』は、これからも進化を遂げていくそう。

誉田氏
「配置できるギミックを徐々に追加していって、遊びの幅を増やしていきたいですね。ユーザーに便利と思ってもらえる機能の追加もしていく予定です。最近では、お気に入り機能を導入しました。また、コントローラーへの対応も前向きに検討中です。これが実現すれば、さらにダンジョンが遊びやすく、作りやすくなると思います。そしてゆくゆくは、携帯ゲーム機への移植ができればうれしいですね」

さらに機能拡充だけではなく、今後は新たなジャンルへチャレンジしてみたいとも。

誉田氏
「オールドタイプのゲームにこだわらず、新しいジャンルに挑戦したり、いままでのゲームとはまったく違う体験が楽しめるゲームを作ってみたいです」

髙田氏
「今回のようなパズルダンジョンゲームだけでなく、ほかのジャンルへも目を向けて、ユーザーの皆様が楽しいと思えるようなゲームを作っていきたいと思います」

現状に満足せず、あくまでも挑戦を続ける2人。心地のいいゲーム体験を提供し続けるWonderland Kazakiri inc. の今後の展開にも期待したい。

BQM - ブロッククエスト・メーカー
パズルダンジョンRPG『ブロッククエスト』シリーズの最新作。パズルギミックが満載のダンジョンに挑み、ゴールを目指すのが目的。世界中のユーザーが作ったダンジョンに挑戦したり、他のユーザーに向けて自作のダンジョンを公開することができる。